風力発電の基礎設備と

タワー向けのソリューション

 

BASFMASTER BUILDERS ポゾリス®は代替/再生可能エネルギーの生産において、最新の風力発電所の建設の成功を支援することで重要な役割を果たしています。

急速に変化する設計や技術の進化に対応するため、BASFの専門家は建設業界での100年を超える経験を活用し、洋上/陸上風力タービンの設置と改修に対応する、高強度かつ超高耐性な疲労耐性グラウト材を開発しています。

洋上タービン設備は、巨大で重量のある細長い構造体で、基礎と風力タービンの構造を頑丈に連結させるために、水中で大規模なグラウト注入作業が必要です。建設において重要なこれらの構造体は、極めて強い風力にさらされることになります。BASFの疲労耐性グラウト材の「マスターフロー9500」は、激しい屈曲運動や振動、波の作用、激しい気温変化、強力な風荷重に対応する確かな能力を備えています。0℃という低い気温でも発揮される急速な強度増大が主なメリットであり、素早く確実でコスト効率の高い設置が実現するほか、発電所の運転開始と投資還元までの時間を短縮できます。

 

安全で耐久性のある陸上風力タービン設備用にBASFが独自に設計した高性能のグラウト材「マスターフロー9300」は、金属骨材を含有することで超高強度と疲労耐性を実現しているほか、2℃という低い気温でも施工が可能です。また、長期的な高耐久性を備え、急速な強度増大による素早く安全でコスト効率の高い設置が可能です。
超高強度な疲労耐性グラウト材のマスターフロー9200は、Vestas社のあらゆる種類の陸上タービン設備の構造上の要件に対応するよう特別に開発されています。低温でも高い早強度を発揮するため、プロジェクト全体の完成までの期間を短縮し、風力発電所の所有車や投資者の方々により早く収益をもたらします。

 

 マスターフロー 

 

 


 

ブランド