​BASFの混和剤イノベーション、普通コンクリートに新たなベンチマークを 打ち立てる「マスターレオシュア」

  • 安定したワーカビリティー、優れたレオロジー特性を長時間保持する混和剤、コンクリート製造業者のサービス領域を拡大し、廃棄物を低減
  • 従来のコンクリート混和剤と比較し、レオロジー保持性能が2~3倍向上

BASFジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:石田博基)は、本日、普通コンクリートに優れたレオロジーとスランプ保持性能を付与するAE減水剤、マスターレオシュアを上市します。コンクリート製造業者の方々にとって、この新しいコンクリート混和剤により、生コンの運搬に長時間を要する厳しい状況(環境)下においても対応ができるようになります。


BASFジャパン建設化学品事業部、執行役員の池田尚浩は、次のように述べています。「マスターレオシュアは、コンクリート混和剤のイノベーションにおいて大きな節目をもたらします。マスターレオシュアは、従来のコンクリート混和剤と比較して保持性能を3倍向上させる事ができ、コンクリートのワーカビリティーにおいて、まさに、新たなベンチマークとなる混和剤と言えるでしょう。この新しい混和剤により、コンクリートのコンシステンシーが向上するため、生コン製造業者の方々は、安定した管理下で、長時間の運搬に対応できるようになります。その結果、現場での品質管理によるコンクリートの受け入れ拒否を最小限に抑え、コンクリートの廃棄や無駄となってきたコストを低減します。」


マスターレオシュアは、普通コンクリート向けに一貫したスランプ保持およびレオロジー保持を付与することに着目して開発されたコンクリート混和剤で、生コン製造業者の方々は、従来のコンクリートのワーカビリティーやレオロジー特性を、90分以上にわたり確保できるようになりました。これは今までの業界基準をはるかに上回ります。生コンクリートの打設を、さらに容易かつ柔軟に行えるようになり、暑い中でも、運搬条件や現場へのアクセスが困難な場合でも、ユーザーの方々のワーカビリティーに対する期待に応えます。


「イノベーションは、当社の成功における最も大切な要素です。建設化学品業界のリーダーとして、私たちは研究開発力を生かし、お客様の課題に対応すべく貢献してまいります」と池田は述べています。