BASF、コンクリートの基礎知識に簡単にアクセスできるモバイルアプリMyConcreteを提供開

  • 高品質なコンクリートを製造するためノウハウをコンクリート技術者に提供する無料モバイルアプリ

  • スランプ、空気量、仕上げ性、凝結時間に影響を及ぼす様々な要因について 疑問に答える使いやすいアプリ

  • 温度や水分蒸発など施工に影響が大きい要因を判定する計算機能を搭載

 

BASFジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:石田博基)は、BASFの新しいスマートフォンアプリケーション「MyConcrete」」をアジア太平洋地域向けに開設しました。これによりコンクリートの基礎的な技術情報に簡単にアクセスできるようになります。
モバイルアプリMyConcreteは無料でダウンロードでき、施工者、設計者、コンクリート製造業者にコンクリートに関する基本的な情報を提供します。このアプリは、コンクリートの設計コンセプトからスランプや空気量、仕上げ性や凝結時間に関する疑問に答え、加えてBASF製品の効果に関する情報も提供します。

BASFジャパン建設化学品事業部、執行役員の池田尚浩は次のように述べています。、「MyConcreteは教科書を手元に持っているようなものです私たちは、お客様が必要な情報を必要なときに、どこにいても入手できるようにしたいと考えています。 MyConcreteがモバイルデバイスに搭載されていれば、いつでも当社の製品やその使い方に関する情報にアクセスでき、生産性を向上させることができます。私たちは、今後もデジタル化やイノベーションへの投資を継続して行い、お客様の課題を解決に貢献し、ビジネスを共に成長させてまいります」。

MyConcreteアプリは、乾燥による収縮ひび割れのリスクを回避するための蒸発水分の計算や、環境条件が及ぼす影響の理解に役立つコンクリート温度の計算機能が搭載されています。使用する気象条件は、GPSや選択した地域で計算するよう設定されています。MyConcreteは、英語、日本語、ベトナム語に対応しており、AppleおよびGoogle Play ストアから“MyConcrete”で検索すると無料でダウンロードできます。
なお、BASF製品パフォーマンス、技術情報詳細については、https://www.master-builders-pozzolith.basf.co.jpをご覧ください。