BASF、下水排水処理施設や過酷な化学環境設備に革新的な防食被覆工法を新発売

  • マスターシール® 7000 CRシステムはXolutec®(ゾルテック)テクノロジーによる独自の特性を提供

  •  非常に厳しい腐食環境でコンクリートを完全に保護

  • コンクリート構造物を延命し、ライフサイクルコストの低減に寄与

BASFジャパン株式会社(本社:東京都中央区、社長:石田博基)は、「MASTER BUILDERS ポゾリス®」ブランドより、タンクや下水管などを含む過酷な排水インフラ環境の課題に対処する独自の特性を備えた防水・コンクリート防食被覆工法「マスターシール® 7000 CR」を新たに発売しました。


下水中における嫌気的な環境では硫酸塩還元細菌により、硫化水素が生成されます。 気相中に拡散した硫化水素は、硫黄酸化細菌により硫酸を生成し、コンクリート躯体の構造的損傷を引き起こす原因となります。マスターシール® 7000 CRは、優れた耐薬品性と ひび割れ追従性を兼ね備え、廃水や酸からコンクリートや鉄筋を保護するだけでなく、 構造物のライフサイクルを延命します。


マスターシール® 7000 CRのもう1つの重要な利点は、下地や施工環境の両方における優れた耐湿性です。手塗りまたは吹付けにより簡単に施工でき、湿潤下地面にも使用ができます。さらに、速硬化性により、20℃で、施工完了後24時間程度で解放できることから、工期を短縮し、最小限の設備停止期間で現状を復旧させることが可能です。

「日本におけるインフラの老朽化や技能員の不足の中で、この独自に実証されたシステムは、お客様にとって予期せぬ設備修繕・改修作業や、設備の耐久性向上に貢献します。マスターシール® 7000 CRは、実際の下水管をシュミレーションした条件下で5年相当の促進試験を行いました。その結果、マスターシール® 7000 CRの物性に大きな変化はみられませんでした」とBASFアジア太平洋地域のリージョナル・ビジネス・セグメントの責任者のニロットポル・カーは述べています。

マスターシール® 7000 CRは、「MASTER BUILDERSポゾリス®」ブランドによる耐久性の高い建設に向けたBASFの新技術Xolutec® を駆使しています。この新技術は、現在のウレタン(PU)やウレタンアクリル(PUA)の製品の先を行く技術として数年をかけて開発されました。 Xolutec® は、樹脂構成要素と分子間相互作用を最適化し、強化された架橋ポリマーネットワークを創出します。この技術により、長期間のメンテナンスサイクルを実現し、ライフサイクルコスト低減に貢献する多様なソリューションに向けたユニークな材料特性を持った製品が提供可能になります。


BASFジャパン建設化学品事業部 執行役員の池田尚浩は次のように述べています。「近年、排水処理施設のインフラ設備において、費用対効果の高い建設、維持・保全、補修工法の需要が拡大しています。この実証されたマスターシール® 7000 CRは、困難な技術環境の課題を抱えるお客様の問題解決に対応できるシステムです。」


マスターシール® 7000 CRはアミン構造を持たないため、超低臭型工法で、また、日本下水道事業団「下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術マニュアル」のC種、D種に適合した性能を持ち、技能員の作業環境と安全性に寄与しています。


BASFは、8月6日~9日にパシフィコ横浜で開催される「下水道展’19 横浜」にて、マスターシール® 7000 CRを出展いたします。 
なお、マスターシール® 7000 CRの詳細については、https://www.master-builders-pozzolith.basf.co.jp/ja-jp/products/masterseal/masterseal-7000crをご覧ください。