2015/11/26 
 

BASFジャパン、コンクリート硬化促進剤「マスターエックスシード® 120 JP 」を上市

 

  • 硝酸化合物を取り除くことに成功し、かつJIS規格に適合
  • 二次製品メーカーのみならず、生コンやプレストレストコンクリートにも販売展開
  • 2015年11月30日より販売開始

セメント粒子間で成長しているC-S-Hナノ粒子の種結晶 

BASFジャパン株式会社(本社: 東京都港区、代表: ヨルグ‐クリスチャン シュテック)は、昨年発売したコンクリート用早強剤「マスターエックスシード® 100 J」 を改良したコンクリート硬化促進剤「マスターエックスシード® 120 JP」 を2015年11月30日より販売開始します。

マスターエックスシード® 120 JPは、JIS A 6204「コンクリート用化学混和剤」の硬化促進剤(Ⅰ種)の規定に適合する液状製品です。主成分のカルシウムシリケート水和物(C-S-H)のナノ粒子が種結晶として作用してセメントの水和反応を促進するというメカニズムにより、コンクリートの凝結と初期強度発現性を向上します。

これまで、硝酸化合物は鋼材を腐食する懸念があるため、腐食抑制成分を添加したうえで適用範囲を限定する必要がありましたが、マスターエックスシード® 120 JPは、硝酸化合物を取り除くことに成功したため、プレストレストコンクリートなどの鋼材腐食に注意が必要な条件においても、問題なくご使用いただけます。
さらに、JIS規格に適合しているため、土木・建築コンクリートにおける幅広い分野での活用が期待できます。

BASFジャパン建設化学品事業部、執行役員 池田尚浩は次のように述べています。「これまでマスターエックスシード® 100 Jについては、二次製品メーカーがおもなターゲットでしたが、マスターエックスシード® 120 JPについては、養生効果の促進を目的として生コンやプレストレストコンクリートへも積極的に展開していきたいと思っています。」