BASF、「コンストラクション コンピテンシーセンター」を茅ヶ崎市に開設

 

• 技術開発センターの機能を高め、BASFジャパン 建設化学品事業部の本部として設置


• 顧客への迅速な対応や統合されたサービスを提供する新たな拠点

 


BASFジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:石田博基)は、茅ヶ崎市萩園に、日本における建設化学品事業の本部として、「コンストラクション コンピテンシーセンター」を開設しました。この新しいセンターの設立により、建設業界のお客様へ提供するBASFのイノベーションとサービスをさらに高めます。


BASFジャパン建設化学品事業部、執行役員の池田尚浩は、次のように述べています。「茅ヶ崎技術開発センターでは長年にわたり、コンクリートに携わるさまざまな研究テーマに関する知識や最善の方法を、業界の専門家と共有してきました。この信頼とイノベーションを継承し、業界でのリーディングポジションを高め、建設産業に向けた高品質な製品やソリューションの提供をすべく、BASFは、茅ヶ崎技術開発センターをコンストラクション コンピテンシーセンターとして、新たにスタートさせます。」


また、当センターをBASFの建設化学品事業部の本部として定め、日本全国16カ所の生産拠点とポゾリス ソリューションズ株式会社のオペレーション業務を統括します。 「セールス、マーケティング、カスタマーサービス、研究開発、生産管理などの機能を統括することで、業務効率が向上します。引き続き設備投資は行い、お客様に変革をもたらしていきます」と池田は述べています。


BASFは、2016年に建設化学品事業部に新たな研究開発チームを設置し、2017年には顧客重視の販売子会社であるポゾリス ソリューションズ株式会社を設立しました。さらに2018年には、新たな革新的混和剤マスターレオシュア®や、トンネル建設のソリューション マスターロック® を上市しました。BASFは建設業界のニーズに応えるべく、今後も、新技術を生み出し、新製品の上市を継続して行います。