2016/9/20 
 

BASF、コンクリート混和剤のソリューションと技術に特化した新たな研究開発チームを茅ヶ崎技術開発センター内に設置

BASF chigasaki lab

  • 建設業界の生産性、耐久性、持続可能性を向上させるイノベーションを開発
  • 世界中にあるR&Dセンターの機能を補完し、アジア太平洋地域でのイノベーションを加速させて現地のニーズに対応

BASFジャパン株式会社(本社: 東京都港区、代表: ヨルグ‐クリスチャン  シュテック)は、茅ヶ崎市にある技術開発センター内に新しく研究開発(R&D)チームを設置しました。これにより、同センターを更に強化し、日本をはじめアジア太平洋地域における建設産業のお客様に、革新的なソリューションや新しいテクノロジーを提供することができるようになります。   

BASFジャパン建設化学品事業部、執行役員の池田尚浩は次のように述べています。「当社が成長するうえでイノベーションは重要な推進力になります。新しいR&Dチームは、建設業界で拡大するニーズに対応し、日本を含むアジア太平洋地域のお客様とBASF研究開発チームの関係を、より緊密にするために設置されます。」

新たに発足したR&Dチームは6名の研究者で構成され、まず初めにコンクリートの耐久性を向上させるイノベーションへのニーズに注力し、日本の厳しい建設要件に対応するための新技術の研究開発に重点的に取り組む予定です。また、建設業界の生産性、耐久性、持続可能性を向上させるイノベーションの開発に向け、世界中で連携しているBASFのR&Dネットワークと密接に協働していきます。

BASFの建設化学品事業部は、アジア太平洋地域の2つのR&Dセンター(中国と日本)を含め、世界中で10カ所のR&Dセンターを設けています。日本国内では、17カ所の事業所と生産拠点を有しています。